【提出期限迫る!】小さな固定資産税。償却資産税の提出はされましたか?



おはようございます。

税金のトータルアドバイザー高橋輝雄です。

 

昨日は銀座駅の発煙の影響をモロに受けてしまいました。

 

こんな時はなぜか東武スカイツリーラインではなく、東武伊勢崎線とアナウンスされる不思議。

日比谷線と半蔵門線もダイヤがグダグダでしたね。

 

乗り入れが多いと影響が大きくてなかなか大変ですが、便利なので仕方ないですね。

 
さてさて本日のお題は「償却資産税」です。

 

事業をしていないと、あまり馴染みのない方も多いかと思われます。

 

更に事業を行っていても申告のお知らせが届かなかったりする場合も多いので、
存在を知らない社長さんや事業主さんも多いのではないでしょうか?

 

<仕組み>

土地や建物を持っていますと固定資産税がかかりますよね?

これらと同様に、事業で使用している事務所の設備やPCなどの備品に対しても実は償却資産税という税金がかかるのですね。

 

<誰が払うのか?(納税義務者)>

こちらは償却資産をその年の1月1日時点で所有している方となります。

今年で言えば、平成28年1月1日に所有されている方ですね。

 

<対象となる資産は?>

門・塀などの設備や内部造作。また、パソコンや看板なども対象となります。

基本的には減価償却明細から対象資産をそのまま移す形になります。

 

<対象から外れる資産は?>

・形のないソフトウェア(無形固定資産)、繰延資産は対象となりません。

 

耐用年数が1年未満又は取得価額が10万円未満で、固定資産として計上せず、一気に経費としているものは対象から外れます。

 

・取得価額が20万円未満の償却資産を、税務会計上3年間で一括償却しているもの(いわゆる一括償却資産ですね)

 

※逆に中小企業の特例の30万円未満の資産を一括で経費としているものは象となります

  10万円以上30万円未満のパソコンなどの設備購入に要注意!!

 

<税率>

償却資産税の税率は1.4%です。

なんだかんだで、結構ずしりときます。

 

<免税点>

対象となる資産の評価額の合計が150万円未満である場合には納税とはなりません。

 

<提出期限>

こちらはその年の1月31日となります。

 

特に来ないからといって申告をしていないと、数年後に申告書がある日届く場合があります。

一応規定では罰金もありますが、基本的には遡りで延滞金が課せられることになろうかと。

 

特にアパート投資で不動産賃貸業を始めたという方が償却資産税の申告を見落とされている傾向がありますのでご注意下さい。

 

詳しい内容のサイトを下記に載せておきます。

 

東京主税局償却資産税について

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/shokyak_sis.html#sy_2

 

/**************************************
編集後記

昨日は打ち合わせの近くにあったので、念願の「いきなりステーキ」へ。

とは言っても私はあまりステーキは食べないので、平日限定のハンバーグを注文。
2016-01-26 11.43.50

どーん!!
300グラムのハンバーグはなかなか壮大なでした。
なお、これにライス(大・中・小から選べます)とスープがついて1,000円でした。

モチロン味も結構なお手前でした。

**************************************/

【全国対応】スポット相談サービス実施中です!

税理士にスポット相談

高橋輝雄税務会計事務所では顧問契約ではなくスポットでのご相談(有料)も受け付けております。税理士に会って軽く相談したい方はモチロンのこと、遠方の方でもお電話やSkypeを用いてお気軽にご相談が可能です。

独立してスタートで正しい道を選んだ方はその後の事業も好調な方ばかりです。ぜひともご利用ください。

ブログ・SNSに書きづらい内容はメルマガで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフィリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。