開設に苦労する法人口座。個人事業主(フリーランス)も法人扱い。



こんにちは。税理士の高橋輝雄です。
さてさて、本日は「法人口座」について。
独立してからビジネス用の口座であるいわゆる「屋号口座」を開設いたしました。
通常の株式会社が「会社名+代表者名」で会社設立する時に作りますよね。
個人事業主も屋号+代表者名で口座を開設することができます。
その場合、個人事業主も「法人」扱いなんですね。
本当は個人口座で運用しても良いのですが、私は個人口座に入金していただくのも何となく忍びないと思っていたためです。
また、他の個人事業主の方も信用性の問題から口座開設されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
実際に法人口座を開設する時に幾つかの口座と比較しました。
埼玉りそな銀行
・法人口座は何もしなくても月2,000円程度口座費用が発生する。
う~む。何もしなくても費用発生ですか。
たかが2,000円されど2,000円。
あんな便利なAmazonプライムの年会費並ではないか。
という事で、まだ頻繁に使うかも分からなかったため却下。
東京三菱UFJ銀行
・もともと法人でも中小企業にさえあまり興味がない銀行なので、やや敷居が高い。
・書類提出も調べたところ多い。
・更に八潮駅周辺には支店も出張所も存在しない
三井住友銀行
・こちらも八潮駅周辺にはない。
無料でネットバンキングが利用可能
・個人口座のようにVISAつきのキャッシュカードは作れない(泣)
結局三井住友銀行で開設致しました。
キャッシュ―カードを法人カードとして利用できると思っていたがために、法人カードを探すハメに…。
しかしながら、サクっと開設自体はできました。
 
口座を開設される場合には、どこの銀行も税務署への開業届会社印は必要となるので、それはかならず提出及び作成してから銀行に行きましょう!

【無料メールマガジンのお知らせ】

「知らなきゃ損」を「知って得する」 に。本当にお金を残すための情報をお届け!

税理士・FPの高橋輝雄による無料メールマガジンは下記から登録をお願いします。

高橋輝雄がお届けするメールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフェリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。 また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。 個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。