副業が20万円以下だから確定申告で含めなくて良いんだ!…それ本当に大丈夫ですか?



おはようございます。
税金のトータルアドバイザー 高橋輝雄です。

 

本日もご訪問いただきまして、ありがとうございます。

 

今日も確定申告ネタで攻めます。
この時ぐらいしか所得税をフルに活用しないもので(笑)

 

最近サラリーマンの方も副業されていたりしますよね。

 

結構色々な所から、税務署では副業収入が分かってしまうようです。

コミケでの本の販売もSNSから判明し、税務署さんから呼び出しがあったなんて話も…。

 

そんな訳で注意を呼び掛けておきます。

中途半端な知識が一番危険だったりしますので。

 

通常、給与と退職金以外に副業収入があっても、所得金額(※)が20万円以下であれば確定申告は不要です。

※収入から経費を引いた金額

 

しかしながら、これは所得税が非課税というわけではございません
金額による税務署の業務が煩雑になるのを防ぐための措置であります。

 

そこで、近年特に多いのではないかと思いますので、注意してほしいのが下記のような方。

 

・20万円以下の副業所得があり、今回医療費控除で確定申告を行う方


・20万円以下の副業所得があり、今回ふるさと納税により確定申告を行う方

 

確定申告時には副業分も「雑所得」として副業の所得も含めなければいけません。

うっかり脱税という事がないように気を付けましょう。

因みに、それで修正申告となると、せっかくの還付するための確定申告のはずが、
逆に「過少申告加算税」などという手痛い追加の税金を納めることになるかもしれません。

 
確定申告する時は「全ての所得を含めて申告」と覚えておきましょう。

 

※例外がありますので、良く調べる。又はinfo@teruozeimu.comまでお問い合わせください。

 

======================================================================
編集後記
今日はこれから八潮メセナで確定申告相談会です。
鼻息荒く頑張ってまいります!


金曜日も同じく参加するのですが、金曜日は雪が降るとか…。

雪は降らなくとも、来場される方は何卒暖かくしていらしてくださいね。
======================================================================

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

皆様の応援クリックが励みとなります。

にほんブログ村






【全国対応】スポット相談サービス実施中です!

税理士にスポット相談

高橋輝雄税務会計事務所では顧問契約ではなくスポットでのご相談(有料)も受け付けております。税理士に会って軽く相談したい方はモチロンのこと、遠方の方でもお電話やSkypeを用いてお気軽にご相談が可能です。

独立してスタートで正しい道を選んだ方はその後の事業も好調な方ばかりです。ぜひともご利用ください。

ブログ・SNSに書きづらい内容はメルマガで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフィリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。