相続放棄は思わぬところに飛んでゆく



おはようございます。

昨日は「ひとり税理士のマーケティングセミナー」に参加。
夜はクライアントの社長との打ち合わせでした。
本当に充実した一日となりました!

忘れぬうちに色々と動きたいと思います。

 

相続放棄の仕組み

images

そもそも「相続放棄」とは、相続が発生した場合に、相続する権利のある方が
その権利を放棄することを言います。

放棄ができる期間は相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内となります。
この「相続発生時」ではないとこがミソです。
あくまで自分が財産を引き継ぐと知った時から3ヶ月以内です。

その期間に相続の承認または放棄をしなければなりません。

 

なぜ相続放棄をするの?

相続が起きて、せっかく権利を引き継げるのにどうして放棄してしまうの?
などど思うかもしれません。

それは、一般的な相続案件のように、財産がもらえるだけが相続ではないからです。
場合によっては、プラスの「資産」よりもマイナスの財産である「債務」の方が多い場合もあるからです。

 

借金などが多いのであれば、相続放棄をする方が良いというパターンもあるという訳です。

 

相続放棄はここに注意が必要

ここからが本題のようなものです。

では相続放棄をする時の注意点です。
相続放棄は放棄をすると他の方に権利が移ります。

 

例えば、下記のような一般的な相続が起きたとします。

プレゼンテーション1

 

 

この場合、本来の相続人は「妻」と「子」です。

では妻と子が相続放棄を行ったらどうでしょうか?
この場合には「父母」が相続することとなります。

 

では両親も相続を放棄してしまったら?
その場合には「兄」が相続することになります。

 

まさかの兄に相続が飛んでいくと。
お兄さんもいきなり相続人となり驚きです、
しかも放棄するほどということは負債の方が大きいから放棄するのがほとんどかと。

 

つまり、相続放棄は当初いなかった人が出てくる可能性があるという事に注意が必要です。

特に相続が起きるときは、親族づきあいも疎遠となっていたりします。
思わぬところで思わぬ人が相続人になってしまうことがある。

 

そのことを存分に考えてから相続放棄は行う必要があります。
どうか相続放棄は慎重に!
ご覧いただき、ありがとうございます。
皆様の応援クリックが励みとなります。

にほんブログ村


税理士 ブログランキングへ






【無料メールマガジンのお知らせ】

「知らなきゃ損」を「知って得する」 に。本当にお金を残すための情報をお届け!

税理士・FPの高橋輝雄による無料メールマガジンは下記から登録をお願いします。

高橋輝雄がお届けするメールマガジン

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフェリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。 また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。 個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。