結婚してるのに扶養控除?ドラマよりもイレギュラーな「家族のカタチ」

おはようございます。
めっちゃ晴れてて気持ちが良いですね。

春の足音がガンガンしている気がします。

images

新たな家族に最初に関係してくるのは配偶者控除

結婚して新たな家族を持つと、最初に関係する所得税は「配偶者控除」ではないでしょうか?
共働きの家庭も多く、配偶者控除も受けられない家庭も珍しくありません。

また、奥様が働き、旦那様が主夫をする場合にも、もちろん配偶者控除は適用できます。

<要件>

その年の12月31日の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。

(1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。
(2) 納税者と生計を一にしていること。
(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
   (給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

配偶者控除と扶養控除の違い

子供ができると次に関係してくるのは扶養控除になります。

扶養控除は配偶者控除と似ていますが、奥様は配偶者控除か配偶者特別控除しか適用されないため、お子さんともしくは2世帯住宅であれば、祖父母も扶養控除に関係してくる可能性があります。

<要件>(一部外国部分など省略)

その年の12月31日の現況で、次の四つの要件のすべてに当てはまる人です。

(1) 配偶者以外の親族

(2) 納税者と生計を一にしていること。

(3) 年間の合計所得金額が38万円以下であること。
(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)

(4) 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

 

妻なのに扶養控除?なるほどと思わされた事例

今回私が出会った事例は奥様が配偶者控除ではなく、扶養控除となった事例です。

 

んなアホな!?


と思われたかもしれません。
厳密には扶養控除と言っても奥様のお父様の扶養控除となりました。

 

新たに結婚した夫婦がおりました。
大学の卒業を機に結婚はしましたが、奥様はまだ「学生」だったのです。

そのため、旦那さんは配属となった東京へ単身で出てきて頑張っておりました。
奥様はまだ大学卒業をしていないため、卒業するまでは実家暮らしです。

 

「でも結婚したんだから配偶者控除ではないの?」

 

と思うかもしれません。私も悩みました。
しかし、配偶者控除の適用条件を再度見るとすぐに分かるんですね。

(2)納税者と生計を一にしていること。

事例の場合は、奥様はお父様と暮らしており、大学の学費もお父様が払っている。
ということで、旦那様とはまだ生計を一にしているという訳ではないのでした。

「生計を一」とは、簡単に言えば同じ財布の中のお金を使って暮らしているという事です。

 

なるほど、こんなパターンもあるのだなぁと思いました。
結婚の許可をもらうのも大変でしたでしょう。
何よりも離れ離れになるのは断腸の思いでしたでしょう。
今後も彼らの幸せを願い、扶養控除も使える日が来るのを願うばかりです。

=============================
編集後記

新たな仕事に関する電話が一気に数本入りました!
迷いを消し、目標をノートに書いたらいきなりの効果です。

これが俗にいう「引き寄せの法則」なのでしょうか?
しかしながら、嬉しい限りです。
=============================
ご覧いただき、ありがとうございます。
皆様の応援クリックが励みとなります。

にほんブログ村


税理士 ブログランキングへ

Follow me!