高層タワーマンションによる節税の終焉!?階による評価額見直しへ



おはようございます。

草加の税理士高橋輝雄です。
 
2016年1月24日の日経新聞朝刊に結構衝撃的な記事が出ておりました。
 

『「マンション節税」防止』防止 相続税、高層階の評価額上げ』

 
 
遂に来たかという感じでした。
 
 
そもそもの「マンション節税」の仕組みを簡単に説明いたしますと。
 
 
マンションを購入する価格は、上の階に行けば行くほど値段が上がります
 

しかし、相続の時にマンションの価格を評価するのに用いる「相続税評価額」ではどうか?

現在は1階の評価額も上の階の評価額も同じになっているんですね。

 


購入する時の金額は異なるのに、相続税を計算する時は同じ金額…。

結果として、上層階を購入すれば購入価格と評価額の差額で節税効果が生まれるというわけです。

それがこの度2018年にも改正されて、高層階の評価額は上げましょうという事です。

実際に購入価格も異なりますし、評価額も上げるのは致し方ないのかなと。

 

更にサラッと日経には書かれておりましたが、

相続評価額だけでなく、固定資産税も上がるとの事です!

固定資産税は毎年かかるもなので、これはジワジワと痛いですね。


元がおかしいと言えばおかしかったのですが。土地は形や場所で評価額が異なりますし。

これで一気に高層マンションの売れ行きが悪くなる可能性もあるなというところですね。

 

/**************************************
編集後記

昨日は八潮では雪は特に降らず。

しかし寒い1日でした。

インフルエンザも流行り始めたので、ご注意を!

今年は予防接種を打っておらず。

うがい・手洗いを徹底致します(-_^)

**************************************/

【無料メールマガジンのお知らせ】

「知らなきゃ損」を「知って得する」 に。本当にお金を残すための情報をお届け!

税理士・FPの高橋輝雄による無料メールマガジンは下記から登録をお願いします。

高橋輝雄がお届けするメールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフェリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。 また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。 個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。