経営者・社長の一番の仕事とは「決定する」事である

こんにちは!
税理士・経営コンサルタントの高橋輝雄です。

経営者である社長とお話する機会が多いの中で、多くの社長は口癖のように「忙しい」とか「やる事が多い」とおっしゃいます。

ただ、ここで注意していただきたいのが、社長の業務も仕事も作業を混同してはならないという事です。

本日は社長の仕事は「決定する」事であるという事をお話していきます。

忙しく毎日が過ぎていくのは「作業」にまで手を出してしまうから

経営者の方で忙しいを連呼していらっしゃる方は、よくよくお聞きしてみますと自分以外もできる作業までこなしてしまっているという事です。

社員やアルバイトでもできる事を社長がやる必要はありますか?自分の会社だから時給換算などなく無限大だと思っていませんか?

ですが、「時間を使う」というのは、有限な人生を消費するという事です。大げさに聞こえるかもしれませんが、社長だろうと誰だろうと人生は有限です。

であれば、本当に生きているウチに自分ができる事というのは限られているとも言えます。

ブレインダンプで脳内を目に見えるように書き出す(吐き出す)

私のコンサルティングでは、社長さんであっても「そもそもとして人生で何を重要視するのか?」という事を深く考えていただく時もあります。

その際にはいわゆる「ブレインダンプ」という方法を用います。

ブレインダンプのやり方
  1. 紙と付箋(ふせん)を用意する
  2. 「自分がやりたい事」について10分間で書けるだけ書く
    可能であれば20秒ごとに一つ書いていくという方法でも可能です。
  3. 簡単に書けなくなってからが勝負。絶対にそこであきらめてしまわない
  4. 出てきたものをプライベートとビジネスで分けていく
  5. さらにその中で優先順位で並べ替える

これを行う事により、いかにして自分が重要視するものを達成するために時間を使うのかという事が見えてくるからです。

付箋がなくても、少なくとも紙とペンさえあれば可能ですよね。

注意していただきたいのが、必ず紙に書くという事です。私もかなりデジタル派ではありますが、脳科学的に実際に紙に文字を書くという方法を行わないと意味がありません。

私も最初は横着してEvernoteとかで試してしまいましたが、やはり効果は薄かったです。

社長がやるのは作業ではなく「決定」する事

では社長がやる仕事は作業ではなく、何なのかと言えばそれは決定する事と言えます。

会社を経営していますと、色々な事を決めていかなければいけません。

しかし、それは責任が重いほど、会社を経営する社長でなければ決定できません。アルバイトがあなたの会社の大きな契約を勝手に決めてしまうとかできませんよね?

社長が色々な物事を決定することで、それから社員たちがその後どう動いていくべきかというように水のように上流から下流に流れていくのです。上流ですべて仕事をしてしまっていては、うまく水も流れません。

何をする・何をしないと決定するのか?

これは経営をする上で永遠の命題でしょう。

決定しまくる事で本当に身軽になります

色々な事を冷静に決定し、自分がやらない事を決める事は、言い方を変えれば捨てている事でもあります。やらない事を決めるほど身軽になっていきます。

そして経営者の方も「今まで何であんなに自分で抱え込んでいたのだろう」とか、「本当に時間が増えた」という声も多くお聞きします。

頭の中で考えている事自体が人間はストレスになります。

実際にブレインダンプを行い、テーマ設定を「やるべき事・やならい事」というテーマでアウトプットするのがこういった時には効果的なのです。

まとめ

以上が社長の仕事である決定するという事についてのお話になります。本日のお話をまとめると以下のようになります。

  • 社長は作業をしない
  • ブレインダンプで本当に重要な事を洗い出す
  • 社長の仕事は取捨選択である

こういった事も経営をする上では心にとどめて置いていただければ。

もし私のお手伝いが必要でしたら、何なりとお申し付けください。

貴社のために全身全霊でお応えいたします。

 

【全国対応】スポット相談サービス実施中です!

税理士にスポット相談

高橋輝雄税務会計事務所では顧問契約ではなくスポットでのご相談(有料)も受け付けております。税理士に会って軽く相談したい方はモチロンのこと、遠方の方でもお電話やSkypeを用いてお気軽にご相談が可能です。

独立してスタートで正しい道を選んだ方はその後の事業も好調な方ばかりです。ぜひともご利用ください。

ブログ・SNSに書きづらい内容はメルマガで

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフィリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。