103万円を超えて配偶者控除を受けられるようにするという話



現行38万円の基礎控除を下げようか?

という話がついこの前ありましたが、

今度は配偶者控除を引き上げようかという話があるそうです。

 

配偶者控除も関係する所得税の103万円の壁とは?

軒並み記事を見るに、

どうやら

103万円の壁を越えても配偶者控除を受けられるようにしたい

というようで。

103万円の壁』というのは

旦那さんが奥さんを所得税の扶養に入れられる「奥さん」の収入の上限が103万円

という事ですな。

103万円超える収入があると旦那さんの扶養から外れます。

 

奥さんが旦那さんの扶養から外れると、

旦那さんの所得税の計算をする時に38万円控除(引く)事ができなくなる

という事が起こり、単純に旦那さんの所得税が増えます

 

また、奥さんも自分で所得税を支払うというダブルパンチ。

という現象が起きるわけですな。

夫婦ともに所得税を納めるはめになります。

 

所得税だけを見ていても仕方ない。社会保険は?

今回のニュースで一番最初に自分が思ったのが、

社会保険料の130万円は置いてけぼり?

というところですね。

 

いくら配偶者控除のラインが上がって

150万円まで稼げますよ!さぁ主婦の皆さんお稼ぎなさい!

となっても、社会保険料の扶養の範囲内である年収130万円というライン超えてしまうと、

旦那さんの扶養から外れて社会保険も自分で納付するようになるのであれば、

奥様たちは、130万円以下に収入も抑えるのではないでしょうか?

 

わざわざ所得税を減らすのために国民健康保険と国民年金に切り替えます?
※通常の会社であれば健康保険と厚生年金に加入していると仮定して

 

普通はそれなら所得税も社会保険料も扶養の範囲内で収めるんじゃないかと。

なぜこういう話し合いの時に縦割りで広い視点にならないのか不思議です。

税制調査会だから仕方ないのかな。

 

単に話が出ていても公開していなかったり、マスコミが端折って記事にしているだけかもしれませんが。

 

とはいえ、こちらの改正を行うのであれば、今回の件で一番重要な所な気もしますがね。

とにもかくにも意味のない改正は不要かなと個人的には思います。

 

むしろ扶養控除を昔みたいに、0歳から所得税の扶養控除を仕えた方が、

シンプルで分かりやすかったのになぁと思いますね。

※現行は16歳未満は扶養控除がありませんが、以前は0歳から38万円の扶養控除が使えました。

 

「高橋輝雄税務会計事務所」では税務を始めとして、幅広く皆様の色々な相談をお待ちしております。

==============================>
【編集後記】
事務所を移転してから朝早くから仕事をしています。
朝早いと、一日がとても長くて作業が捗ります。
何より朝は集中力が違うなと。

これからも適度に継続していきます。

【本日の一日一新】
・証憑を「合」ハンコでチェック
<==============================

【無料メールマガジンのお知らせ】

「知らなきゃ損」を「知って得する」 に。本当にお金を残すための情報をお届け!

税理士・FPの高橋輝雄による無料メールマガジンは下記から登録をお願いします。

高橋輝雄がお届けするメールマガジン

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフェリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。 また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。 個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。