時間に追われる年末調整。作業と仕事を勘違いしてはいけない



会計事務所にも深くかかわる年末調整の時期がやってきました。
会社で行っている場合、経理の方や総務の方には憂鬱な時期なのではないでしょうか?

 

年末調整はあまり頭を使わない場合が多い

年末調整はやや苦痛なところが自分的にはあったりします。

というのも、年末調整は仕事と言うよりも

単なる作業

という意味合いが強いからです。

作業の流れ的には

 

  • 扶養控除等申告書と保険料控除申告書を回収して
  • 各人の記載したものが正しいかを確認し
  • それをデータに打ち込み
  • 源泉徴収票を作成する

 

というような手はずをふみます。

 

今年であれば、

マイナンバーの回収

というタスクも入ってたりします。

 

結構お客様も無造作にマイナンバーをメールで送ってきたりするので焦ります^^;

※マイナンバーをメールで送るのは避けましょう

 

年末調整はチェックが中心で、人海戦術で行うため時間を取られます。

 

さらには時間のわりにはお客様から評価される事もなく

時には無料で行っていらっしゃる事務所もあります。

 

こういった場合、作業を少なくする解消方法としては

 

  • 年末調整のやり方を教えて以後はお客様にやってもらう
  • 給与計算もやっているようであれば提携の社労士先生にお任せする

 

といったような対応策が考えられるのかと。

 

最近は社労士先生もあまり給与計算業務を受けなかったりするみたいですが。

本当に税理士でなければできないような仕事なのかを考えていかないと、
時間だけが削られていくのかもしれませんね。

 

パートさんを多く使う、大規模な事務所ならばよいかもしれませんが、

税理士ひとり又は少人数の事務所であれば

自ずと通常業務・決算業務との兼ね合いもありますから

少なくない残業につながっていく危険性があると思います。

 

法定調書合計表や総括表も仕事を移譲できる

なお、年末調整が終わりますと、

1月末までに税務署に「法定調書合計表」を送付したり

従業員の住む市町村に「総括表」を送付したりもします。

 

こちらも税理士がいる場合には税理士が代行して作成する事が多いですが、

実際のところ会社さんが提出するのでも何ら問題がありません。

現に私のクライアントでも会社様の方で作成していらっしゃるところもあります。

 

費用安くなりますよ

というとたいていやってくれます(笑)

 

先ほどと同じように、

会社の方に合計表の記載方法を教えて会社で出してもらう

というのも方法の一つなのかなと思いました。

 

以前も記載しましたが、今年(平成28)から源泉徴収票の大きさが変わりました。(A6→A5)
ですので、総括表なども紙媒体で送付していると、単純にコスト増になりそうです。

今年から年末調整のコストが2倍に!?

 

小規模な企業はともかく、送付先がかなり多くなる会計事務所は

できるだけ電子での送付に切り替えた方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

マイナンバー制度が始まりましたが、

あくまで税務署側の管理がしやすくなるだけで

全く提出する側にはメリットがないなぁと感じています。

 

お客様たちの話を聞いていましたところ、

支払調書(一年間にこれだけの料金を支払いましたという外部版源泉徴収票みたいなもの)作成のために

通知カードの写しをコピーさせて郵便で送付させる会社もあるようです。

 

本来支払調書作成は法的な効力のあるものでもないので、

Amazonのように支払調書を出すのを廃止してしまえば良いのに…

と思うのは私だけでしょうか?

わたし消されますかね?(笑)

 

ではではシャカリキで引き続き頑張ります!

 

「高橋輝雄税務会計事務所」では税務を始めとして、幅広く皆様の色々な相談をお待ちしております。

 

==============================>
【編集後記】
予定は余裕を持たせるべきだと
思わされる一週間でした。

ある程度予見できていても、危うく私の嫌いな
「いまバタついているんで」
という言葉を使いかけました…。

【本日の一日一新】
・草加市の通ったことのない道
<==============================

【無料メールマガジンのお知らせ】

「知らなきゃ損」を「知って得する」 に。本当にお金を残すための情報をお届け!

税理士・FPの高橋輝雄による無料メールマガジンは下記から登録をお願いします。

高橋輝雄がお届けするメールマガジン

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフェリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。 また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。 個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。