代表ブログ

記帳代行のアウトソーシングは許される?

やや多忙になってきますと
業務の効率化を意識します。

そうなると思うところもあります。

 

少人数でやるなら業務の効率化や外注は必要

年末近くから仕事量が
おかげさまで増加中です。

まぁ、確定申告時期ですから
しょうがないというのもあります。

新規の依頼をいただくのは本当にありがたいです。

しかし、ただただ業務量が増えていくと
自分の仕事がパンクしますし、

サービスの質が下がった結果として
顧問契約の解除もあるでしょう。

そこで、自分の業務で自分以外ができる
「作業」と呼ばれるものは何か
と最近常に考えてます。

  • 請求書の送付
  • 郵送

などなど

極力減らしてはいますが、
時にはネット郵便などを使って

一部をアウトソーシング
するのも良いかと思っています。

現在はまだ自分でできる範囲で
行っています。

 

記帳代行とは?

記帳代行とは、お客様が経理業務で必要な
会計資料の帳簿を代わりに作成する業務です。

都内で働いていた頃はお客様自身の会社で
会計ソフトを用いながら記帳する(自計化)

している会社も多くありました。

しかし、今の事務所がある草加市のお客様は
ほとんどが会計事務所側が帳簿を作成する記帳代行です。

通帳をwebバンキングで取り込むようにすると
かなり負担は下がりますが、

単に通帳のコピーと領収書をもらっての作業は
結構な作業となります。

 

記帳代行までアウトソーシングして良いのか?

※あくまで個人的な意見です。

ここからが本題ですが、最近税理士事務所に向けた
記帳代行を代わりに行うという会社があります。

自分のようにひとり又は少人数の事務所向けに
お客様の記帳代行を代わりにやるというサービスです。

昔から、会社まで人を派遣して
会社の記帳代行を代わりに行うという
会社はありました。

ただ、今回のような場合
セキュリティ、個人情報は保護します!

と謳ってはいますが、
単にそういう問題なのでしょうか?

お客様の中には税理士に
会社の通帳などを見せるのを
拒む方も少なくはありません。

特に個人事業主は個人の通帳の場合もあり、
そのように感じる方も少なくありません。

私がふと思ったのは、
それらのアウトソーシングサービスを
利用している税理士の方は

果たして本当に顧問先に了解を取れてるのかな?

と思ってしまいました。

確かに便利で画期的なサービスではありますが、
実際にお客様に

「いま外注して作成中です」

と言えるかというと…
考えどころではあります。

税理士に頼んでいる
という安心感を買っているのもあるのではないかと。

そういう事は全く気にしない
お客様がいることも確かですけどね。

あくまでこれは出来上がった資料を
一からチェックしてない場合を想定してますが。

 

まとめ

やはりアウトソーシングするぐらいならば
人を入れる方を選ぶかなぁというところです。

どういう事務所にしていきたいか
迷いながらもしっかりと考えていきます。

 

「高橋輝雄税務会計事務所」では税務を始めとして、幅広く皆様の色々な相談をお待ちしております。
[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]スポット相談のお申込みはこちらから[/btn]

【高橋輝雄のアカウント】(気軽にフォローして下さい)
Twitter  https://twitter.com/teruozeimu

==============================>
【編集後記】
吹き飛びそうなほど風が強かったです(+_+)
近々雪が降るそうなので、何とか引きこもり体制に
入るようにアポを早めに入れまくりました。

ただ、初回面談はいつも気を張るのか、
終わった後の疲労感が凄いです。

【昨日の一日一新】
・レモンパック
・ローズの蜂蜜
<==============================

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧