紹介による仕事の難しさを知る



こんにちは!草加の若手税理士こと、高橋輝雄(@teruozeimu)です。

私の事務所でも顧問契約の解除が発生してしまいました。

正確に言えば、こちらから顧問契約の解除をお願いしたのですが…。

今日はそんなところから得たお話です。

 

紹介されたお客様のデメリット

独立当初に紹介していただいたお客様。

紹介していただいた方の顔を立てなければという思いもありますし、生活的にも顧問契約をいただけるのは本当にありがたい。

 

ですが、紹介された方からすれば「税理士」というだけしか私の事を知らないのです。

私のサービスが気に入ったというよりも、近くの人に聞いたら紹介してくれたという程度でしょう。

そこが一番のデメリットとなります。

いざ業務を開始すると

  • メールをあまり使えない
  • 基本アナログが好き

 

これだけでも、自分のやり方が幾つか制限されます。

また、ビジネスに対する考え方なども異なったりします。

こちらは今回の件では関係ありませんが、

  • 脱税寄りの思考
  • 税理士は単なる代書屋という考え方
  • 全て丸投げ
  • 反社会的勢力

 

などというような事もあります。場合によっては税理士資格さえ脅かされます。

 

先日、友人の税理士から聞いた話ですが、紹介で受けたクライアントが申告直前になって

重加算税を受けているのを隠していた

と言っていました。

 

そういう風だといくらクライアントであっても信頼関係が築けない可能性があります。

やはり税理士のサービスは「人と人」という言葉に尽きると思っています。

 

自分を選んでいただいた人と契約するようにする

以前とある税理士先生もおっしゃっていました。

“紹介されたとしてもすぐに仕事を受けるのではなく、まずは自分のホームページを見てもらい、納得してもらえたら契約する”

“ホームページで、ある程度問い合わせ前にお客様となる方を選別する”

これは確かにそうだと思いました。

やはり、現にうまく行っているクライアントの皆様は、あらかじめホームページが起点になっているのがほとんど。

 

そうしますと、自分の仕事のスタンスや考え方を分かってくれているので楽です。
自分のやり方に合わない方は自ずと連絡もしてきません。

この世のすべての人と波長が合う事はないのです。

 

私もその一環で、とある時から電話番号も載せるのさえ無くしました

紹介された場合、何となく契約してしまいますと、このようにミスマッチが生じやすい。

必ずワンクッション挟むのが無難でしょう。

 

まとめ

  • 無条件で紹介を受けるのは危険を伴う
  • 自分の特徴、やり方はホームページやブログで前面に出しておく
  • お金の為だけなら理想のお客様だけを求めないという考えもある

 

最初からガチガチに固め過ぎて、生活ができないのであればそれは本末転倒かもしれません。

ただ、独立当初は喉から手が出るほど欲しい顧問契約だから、多少自分の考えと違っていても契約してしまったという事もあるでしょう。

 

しかし、その判断がボディブローのように徐々に効いてきます。

特にサービスの価格設定で、「独立したてだから安い料金」という値引きはしないに限ります。

 

奇麗ごとだけでは生活できませんが、私の実体験を反面教師にしていただければと思います。

 

高橋輝雄税務会計事務所では様々なご相談にのっております。

【高橋輝雄のアカウント】(気軽にフォローして下さい)
Twitter  https://twitter.com/teruozeimu


==============================>
【編集後記】
時には気分転換をと思い、ナビの最短距離を無視して知らない道で帰ってみました。

やはり、人間は日々がマンネリ化しないように新しいものを経験するようにしないとですね。

一日一新の大切さを感じます。

【一日一新】
・契約の解除及び資料の返還
・電子書籍販売
<==============================

【無料メールマガジンのお知らせ】

「知らなきゃ損」を「知って得する」 に。本当にお金を残すための情報をお届け!

税理士・FPの高橋輝雄による無料メールマガジンは下記から登録をお願いします。

高橋輝雄がお届けするメールマガジン

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフェリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。 また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。 個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。