確定申告

弊所の確定申告は税理士に丸投げできるプランです。

確定申告?税理士ならどの税理士でも同じでしょ?安いほうがいいんだけど・・

と思われている方。

確かに同じサービス内容であれば、安い方がいい。と思うのは当然のことですね。私もそうです。

こちらでは他の税理士の確定申告サービスとの違いや、弊社の確定申告サービスを依頼するメリットをご案内させていただきます。

このような方のご依頼を多く頂いております

弁護士、司法書士、フリーランスエンジニア、フリーライターなどの個人事業主様

経理は自分でやっている。税務顧問は必要ない。申告・決算だけお願いしたい法人や個人事業主様

不動産投資家などの不動産収入や家賃収入を得ている方

RSUや株、ストックオプションをvestした(申告漏れ)ので確定申告を依頼したい外資系企業の会社員様

仮想通貨で売却益が出た方(年間20万円以上の利益(収入ー経費)があるひと)

ずっと無申告だったが、今年は確定申告しようと思っている方

他の確定申告と何がちがうの?メリットは?

レシート・領収書等の「選別・判断・並び替え」不要

①領収書やレシートの選別は弊社が行います

その年の確定申告対象となる領収書やレシートの判断・選別は弊社で行いますので、今年度以外の領収書やレシートが混ざっていても構いません。弊社で確認させて頂きます。

②経費計上の判断も弊社で確認致します

レシートを1枚1枚内容確認し、これは経費になるのか?ならないのか?と判断するのは時間も手間も取られてしまいます。経費になる・ならない、の確認・判断も弊社で対応致しますので、不明瞭なレシートも一緒にご郵送頂いて構いません。

 

1年間の膨大なレシートや領収書。時には去年や過去のレシートも混ざっていたりしますよね。「今年以外のレシート入っていないかな?」という確認も必要ありません

丁寧なお客様でよく、月別・日別・科目別に整理し、袋まで分けてご郵送してくださる方がいらっしゃいますが、弊社に確定申告を依頼される場合は整理する必要はありません。袋も分ける必要はございません。まるっと一緒で大丈夫です。

整理せず、丸ごとレシートや領収書をバサッとドサッとご郵送ください。

レシート整理や経費の可否を調べたりなどその大切なお時間をぜひ、ご自身のお時間や本業のお時間にお使いいただければと思います。

確定申告後の報告・アドバイスがしっかり

確定申告が終わったら、それで終わり、ではありません。

他の税理士では、確定申告が終了したらその年の確定申告の報告をサラッとして終了する税理士もいるようですが、私はそれではせっかくお金を支払って税理士に確定申告を依頼した意味がない、と考えております。

お金や税金の専門家としてプロとして、確定申告の結果を理解いただける言葉できちんと報告・説明し、来年度以降に注意すべき点や、具体的な節税対策税務調査対策についてもしっかりアドバイスすることが大切である、と弊社は考えております。

よって弊社では確定申告の後のご報告の際60分程度の面談(オンライン面談も可)を取り、その年度の申告に関する報告はもちろん、今後の具体的な対策(経費、節税など)についてもアドバイスさせて頂いております。

確定申告が終わったらそれで終わり、ではありません。

今年のフィードバックはもちろん必要ですし、その結果を基に来年度以降の対策やアドバイスはして欲しいですよね。それこそが、お金を支払ってまで税理士に確定申告を依頼するメリットなのではないか、と考えております。

納税額を最小限にする/来年度以降の届出にも対応

①納税額を最小限にする

納税額を最小限にするため、弊社では以下の書類も合わせてご提出いただきます。

  • 医療費の領収書
  • 社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
  • 生命保険料の控除証明書
  • 地震保険料(旧長期損害保険料)の控除証明書
  • 寄附金の受領証
  • 小規模企業共済等掛金控除 
  • 経費の金額を証明できる書類
  • 住宅ローン控除申請
  • ふるさと納税
  • 公的年金等の源泉徴収票

など。

提出書類は人によって違ってきますので、その方の事情を確認させて頂き「こういったレシートや領収書、控除証明書はありませんか?」などのご連絡をさせていただくことがございます。申告者にとって納税が最小限になるよう、確認しながら申告処理を行います。

「郵送された書類のみで申告する」という確定申告は致しません。

確定申告をしているとよくいらっしゃるのが、弁護士先生や司法書士先生、個人事業主の方で事前に書類を提出しておけば、数十万円から百万円ほどの節税することができるのにその対策をご存知ない方が多いです。それは本当に勿体ないな、と。

申告時期になってから対策してもその年度分には間に合いませんが、来年度以降の節税対策として確定申告後の報告の際、弊社ではその点についても具体的にアドバイスし、必要であれば資料も郵送させて頂いております。節税に強い税理士だからできる確定申告をご提供でさせていただきます。

来年度以降の届出にも対応

  • 翌年からの青色申告
  • 消費税申告
  • 開業届け等の各種届出書作成・提出

など、来年度以降の届出にも対応させて頂きます。

確定申告をしたら終わり、ではありません!

残念なことに、郵送されたレシートや領収書をそのまま処理するだけの税理士は多いです。

税理士事務所勤務の経験でお話させていただきますと、確定申告時期は税理士事務所の繁忙期です。よってそもそも税理士ではなく、税理士事務所の税理士資格のない事務職員が処理をし、税理士はハンコだけ押す、というパターンが最も多いです。

その場合、本当は経費に入れられない、後から税務調査の指摘事項になりそうなものまで提出されたままで申告されてしまう場合があります。

するといざ、税務調査が入った時に指摘され、多額の追徴税額を支払うことになるのです。結果、確定申告料金に上乗せで追徴税額を支払う羽目になり、余計にお金がかかってしまった。。といったパターンをいくつも見てまいりました。

お金を払ってまで確定申告を税理士事務所に依頼したのに、税理士資格のない事務職員がご自身の申告処理をしていたり、郵送した書類でしか処理できない税理士なのであれば依頼しないほうがいいでしょう。

また確定申告後の対応についても税理士によってスタンスが違ってきます。

確定申告後の結果報告をしない税理士や、報告をサラッとして終了する税理士が多いようですが、私はそれではせっかくお金を支払って税理士に確定申告を依頼した意味がない、と考えております。

税の専門家として、確定申告の結果をきちんと報告・説明し、来年度以降に注意すべき点や、具体的な節税対策税務調査対策についてもしっかりアドバイスすることが大切である、と弊社は考えますし、それこそが料金を支払ってまでプロに依頼する意味があるのではないでしょうか?

 

料金

所得区分報酬額
事業所得(申告のみ)110,000円(税込)~
不動産所得165,000円(税込)
譲渡所得66,000円(税込)
RSU、ストック・オプション55,000円(税込)
上記以外33,000円(税込)
  • 医療費控除・寄付金控除(ふるさと納税)の控除は上記の料金に含まれております。
  • 不動産所得は物件数の増加により金額が加算される場合があります。
  • 株式売買の資料が大量・仮想通貨の取引が大量の場合には、別途加算料金をいただく場合がございます。

お申し込み手順

①問い合わせ

スポット相談の申し込みのパネルを持っている図お見積りさせていただきますので、以下フォームに必要事項を入力してお問い合わせください。

24時間以内に返信させて頂きます。

②お見積り金額の提示

依頼したい確定申告の詳細を伺い、お見積り金額を提示させていただきます。

③ご契約又はご検討

金額及びサービス内容にご納得頂けた場合は、ご契約へすすみます。他と検討もしくは納得できない場合は、お申込み頂かなくても大丈夫です。

④必要資料を郵送

確定申告に必要な資料をご郵送ください。詳細はご契約後、ご連絡させて頂きます。

⑤お客様へご報告

①確定申告結果 ②納税金額 ③今後のアドバイス をご報告させて頂きます。

その際、ご質問があればどうぞ何でも聞いてください(電話、Zoomなどにて)

⑥ご入金

銀行振込またはペイパル・クレジットカードにてお願いしております。

⑦お預かり資料を返送

ご入金を確認致しましたら、お預かりした資料をご返送させていただきます。

 

お問い合わせ

「ずっと確定申告をしていなくて、とりあえず今年の分だけお願いしたい」

「領収書やレシート、医療費控除が多くてまとめる時間がないけど、大丈夫かな」

など、ご心配されている方いらっしゃいませんか?

ご心配は無用です。今年の分だけのお申し込みでも大丈夫ですし、領収書やレシートが月毎や科目毎にまとまっていなくても大丈夫です。

各種ご相談は初回30分は無料で実施しております。

まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

電話番号:03-6868-6127(代表電話)

営業時間:平日 9:00~17:00(土日祝はお休みをいただいております

フォームからのお問い合わせ

基本的に24時間以内でお返事させていただきます。