キャッシュアウトしたくない。でも節税したい!



こんにちは。埼玉県草加市・東京江東区の税理士高橋輝雄(@teruozeimu)です。

 

よくこういった話を社長から聞きます。

お金を残したいけれど税金は1円でも少なくしたいんだよね~

それは誰しもが考える事。私もできればそうしたい限りです。

 

しかし、そんな魔法のような事は本当に可能なのでしょうか?

 

決算対策の節税策はキャッシュアウトが伴う

「節税をする」と考えた時、気をつけなければならないのは、

節税をするためにはそれ以上にキャッシュを使う

ということがほどんどです。

 

法人税を簡単に30%だと仮定すれば、まずは100%のキャッシュを使うという事に注意が必要です。

 

節税前:利益 200 ▲ 経費 0 = 所得 200 × 法人税 30%=税金 60

節税後:利益 200 ▲ 経費 100 = 所得 100 × 法人税 30% = 税金 30

 

税金は 30減っていますが、同時にキャッシュは 100 減っている!

返戻金のない保険なんて、100万円払って経費になっても30万円節税できるだけですからね。

結局節税したら保険料と納税で結局は結構な金額を支払っている事に気付いているでしょうか?

 

会社は税金のために経営しているのではない

上記の話で注意しなければならないのは、税金だけにフォーカスする事です。

つまり税金を減らそうと無駄な支出をしてしまう事は得策ではありません

特に決算月は税金にばかり目が行ってしまう(それは私たち税理士にも責任があるかもしれませんが)ので、その事を肝に命じる必要があります。

 

例えばですが、税金を払うぐらいにならばと安易に従業員に対して決算賞与を出す事は翌年にも同じように決算賞与がないと社員のモチベーションが極端に下がる可能性があるので注意しましょう。

 

お金を払わない節税の一つ「有姿除却」

決算対策も期末が迫り、あとわずかとなった時。

キャッシュアウトはしたくないんだけど、何か良い方法はないものか?
という時には融資除却という方法もあります。

 

国税庁より有姿除却での注意点は下記の2点

  1. その使用を廃止し、今後通常の方法により事業の用に供する可能性がないと認められる固定資産
  2. 特定の製品の生産のために専用されていた金型等で、当該製品の生産を中止したことにより将来使用される可能性のほとんどないことがその後の状況等からみて明らかなもの

特に製造業では古くなった資産が眠っていたりすることがあります。他にも購入はしたけど使わずに眠っている備品など。

また、有姿除却だけでなく、決算は大掃除と考えて古くなったPCなども引き取ってもらうのも手です。

モチロン、帳簿の固定資産に載っている金額(簿価)よりも買い取りしてもらった金額が大きくなってしまうと「利益」となって課税の対象になります。

それは節税にもならない本末転倒な処理ですのでご注意を!

買い取りやリサイクル業者への引取りは、明細をしっかり保管しておきましょう!

引き取りの日付にもご注意を。翌期になってしまっては節税になりませんからね。

 

まとめ

本日の学び

  • 節税は基本的にキャッシュアウトする
  • 会社経営は税金の前に大事な「本業」がある
  • 有姿除却はキャッシュアウトしない

キャッシュアウトしない節税というのはほぼありません。また、節税と言われているものは結局はキャッシュアウトも加味してそれでも行うかという観点が必要になります。

あなたも魔法のようなコトバにすぐに飛びつかないように気を付けてくださいね。

【全国対応】スポット相談サービス実施中です!

税理士にスポット相談

高橋輝雄税務会計事務所では顧問契約ではなくスポットでのご相談(有料)も受け付けております。税理士に会って軽く相談したい方はモチロンのこと、遠方の方でもお電話やSkypeを用いてお気軽にご相談が可能です。

独立してスタートで正しい道を選んだ方はその後の事業も好調な方ばかりです。ぜひともご利用ください。

ブログ・SNSに書きづらい内容はメルマガで

ABOUTこの記事をかいた人

税理士・FP・元SE。アフィリエイトなどのネットマネタイズも日々研究し、HP・ブログ運営も自らの手で行っている。また、「税務のことをいかに一般の人に分かりやすく伝えるか?」という事を大事にしている。個人事業主と中小企業の顧問や税務調査立会に定評がある。情に厚く大変涙もろい。